人格適応論によるコミュニケーション研修とは

~人格適応論とカウンセリング理論を活用しています~

例えば、成功とか失敗とかについて考えてみた時に、

とらえ方が人それぞれ違うことに気がつくことはありますか?

例えばまるで絵にかいたような成功に本人が納得していないこともあるでしょう。

あるいは、誰もが認めるような成果や目に見える結果が出なくても、

生活を楽しみ自己肯定感や幸福感に包まれてのんびりと過ごす、

そんな日々を成功と呼ぶ人もいるでしょう。


自分は本当は何を望んでいるのか、

そして、それを手にするためには何が邪魔をしているのか、

それがわかると、日々の生活がまた違ったものに変化する気がしませんか?

自分が何を望んでいるのかさっぱりわからない、そんな声も時々耳にします。

人は自分のことをわかっているようでわかってない部分が多いのではないか、

そんな気がしませんか?

 

人の性格にはいろんなタイプがあるのです。
さまざまな出来事の捉え方や、ものごとをを認知する方法は、

それぞれタイプで大きく違っているようです。

 

人には基本的には6つのタイプの特徴があり、

その組み合わせによって性格ができており、

それぞれのタイプに効果的なコミュニケーション方法があると考えられます。

 

米国交流分析の権威、バン・ジョインズ博士による「異なったパーソナリティ適応への再決断療法」の論文タイトルによって紹介されました。

その後、欧州の交流分析の権威、イアン・スチュアート博士との共著「交流分析による人格適応論」によって日本に紹介されています。

 

米国では「人格適応論」にのっとって、商品開発や広報活動、採用や人事を行っていたり、

また選挙戦略を展開し、大きな成果を収めているのは、実はよく知られた話でもあります。

 

どのタイプにもそれぞれに長所や短所があるのは当然ですし、

実は、人は皆それぞれ6つの人格を内面に持ち合わせているのです。

育った環境やおかれた立場などによって、いずれかの部分を使うのが得意となり、

それによって性格が出来上がると言えばわかりやすいでしょうか。

 

また、その組み合わせによってできるタイプは有限ですが、

エネルギーの強弱も考えていくと、ある意味では無限に近い数になります。

つまり性格が人それぞれである理由がそこにあります。

似ているようでそれぞれが個性を持っているということです。

 

そして、意識して使うのが苦手な部分を育てることによって、

TPOに応じた使い分けもできるようにもなります。

その結果、仕事の幅が広がったり、新しい市場を開拓したりと、

公私にわたって能力を発揮する場面が増えてくるのもまた必然でしょう。


私たちメンタルサポート研究所グループでは、多くの臨床経験をもとに、

また日米の文化の違いを踏まえたうえで、日本人に合わせた診断方法を作成し、

コミュニケーション研修としてアレンジしています。

簡単な質問票によって自分のタイプを診断することができます。

 

まず自分を知ることからはじめませんか?