はじめまして




心理カウンセラーの三輪陽子です。

いま、この文章を目にしているあなたは、どのような経緯でこちらのサイトにいらっしゃいましたか?この出会いにこころから感謝します。

 

人は一人では生きていけないとよくいわれます。確かにだれとも接することなく生活するのは不可能です。そして、人との出会いは楽しく喜びに満ちたものかもしれませんし、時には悲しく辛いネガティブなものかもしれません。ただ、例えネガティブなものであっても、人と関わることによって得たものは結果的に人生を味わい深いものにしているのではないでしょうか。

 

こころのしくみを知ることによって、人との関わりがより楽でより心地よいものになれば・・・・・人はだれもが幸せになるために生まれてきたのです。

 

そんなことを思いながら、この文章をつづっています。

こたえは、"自分の中"にある

人は誰もが生きる力を持っています。今生きているということは、それだけですばらしいことなのです。誰もが生まれながらにして、すばらしい力を持っているのです。

 

人は生まれてからたくさんの選択や決断を繰り返しています。 その決断には大小さまざまなものがあるでしょう。どんな選択も、たとえ大切な誰かのためであったとしても、最終的には自分が選択し決断してきたはずです。 

 

そう、だからこたえはいつも”自分の中”にあるのです。カウンセラーは、皆さんが自分のこころとむきあい、そのこたえをみつけるお手伝いをします。

 

この出会いがどうぞ、何かのきっかけになりますように・・・。

"こころ"とむきあう



まずは、普段から”こころ”とむきあうことをこころがけてみませんか?元気がない時だけ向き合ってみても、こころは応えてくれないかもしれません。元気な時だからこそ、こころと向き合っておくことも大切です。

 

自分にやさしくしていますか?自分に一番優しくしているのが、ほかでもない自分であること。けっこう大切なことかもしれません。それをむずかしいと感じる人も多いようです。誰かにやさしくする方法は、小さいころから何かと教えてもらったかもしれません。次は自分にやさしくする方法を考えてみませんか?目の前の壁にぶつかった時、孤独を感じた時、生きることに少し疲れてしまった時、自分が自分の味方でいられたら・・・・・。自分が自分の味方になって、自分にやさしくするためには、普段から自分のこころとむきあうこと、じぶんのこころに応えていることが大切なことかもしれません。

 

今、こころは何をして欲しいのか、そして自分は何をしたいのか。これからは自分の本当の気持ちに耳を傾けてみませんか?